NTTLS 人材育成WEB

お問い合わせ

OurService

情報セキュリティ対策・個人情報保護研修
~啓発だけでは響かない!事例を基に脅威を学びとる~

課題

昨今、情報通信を利用したビジネスは多様化され、
企業のネットワーク化が進む反面、
ネットワークセキュリティの脆弱性をついた犯罪や
情報漏えい事故が頻発しております。

また「マイナンバー」の施行に伴い、
「個人情報保護」の観点から
「情報セキュリティ」に対する取組みは
企業として必須であるといえます。

特に「顧客情報」を取り扱う企業では、情報漏えいは絶対に発生させてはならない最重要事項でありながら、情報漏えい等に関する事故や事件が頻発しているのも事実です。

情報漏えい等に関する事故や事件の大半は「人」に起因しています。つまりシステム上、どんなに強固なセキュリティ対策を施しても社員ひとりひとりがセキュリティの重要性を認識し、考動できなければ意味がありません。最も重要な要素は「個人の意識と考動」であるといえます。

 

概要・特徴

経験豊富で資格を有する当社コンサルタントが講師となり、情報セキュリティを脅かす様々な攻撃の手口や身近な脅威について認識し、情報の適切な取扱いを学び、セキュリティマインドを醸成することを目的としています。

最新の事例から、情報漏えいをはじめとしたセキュリティ事件・事故の実態を知ることで、個人情報の取扱いや人的脅威がもたらす危険性を再認識し、具体的なセキュリティ対策手段を習得します。

<Point>
  • セキュリティ研修やセキュリティ監査等の実績豊富な有資格者コンサルタントが登壇
  • 最新のセキュリティ事件や事故事例を紹介
  • 気づき、理解から考動へ
  • eラーニングと組合せた効率的かつ効果的な学習も提供可能

 

プログラム例

※あくまで、サンプルプログラムです。
お客様状況・課題感によってプログラム設計を行います。

  1日目
(経営・管理者層向け)
2日目
(担当者向け)
AM
  • 情報セキュリティの実態
  • 知っておくべき情報セキュリティの動向
  • 根が深い情報セキュリティの本質
  • トップと現場連携による推進
  • マネジメントとしての情報セキュリティ
  • 情報セキュリティとは
  • 組織としての取組み
  • 情報セキュリティの現状
  • 情報セキュリティ事件、事故事例を学ぶ
  • 情報セキュリティの脅威とリスク
  • 具体的なセキュリティ対策
PM

 


研修プログラム 一覧に戻る