お問い合わせ
03-6435-3788 ※東日本エリアはこちら
06-6358-2969 ※西日本エリアはこちら
【受付】
9:00〜17:30 月〜金
(祝祭日除く)
お問い合わせ

ma.nttls.co.jpサイトへ移動します

情報セキュリティコンサルティング
Information Security Consulting

  1. NTT ラーニングシステムズ株式会社 営業本部
  2. 情報セキュリティコンサルティング
  3. トレンド情報
  4. 「教育現場におけるクラウド活用の推進に関する有識者会合」報告書が公開されています

トレンド情報

「教育現場におけるクラウド活用の推進に関する有識者会合」報告書が公開されています

クラウドはセキュリティが不安。
そういうイメージがだんだん払拭されつつありますが、まだまだ業種業界によっては、導入に敷居が高いのは事実です。


教育現場はまさにその一つといえるでしょう。
現場レベルでは、教育手法の多様性が求められる現状にありながら、組織や施設管理の立場からは従来の手法からの変更は、多方面との調整が必要となるため導入が難しいと考えられます。


そういう事象を踏まえ、総務省により「教育現場におけるクラウド活用の推進に関する有識者会合報告書」が公開されました。


 「教育現場におけるクラウド活用の推進に関する有識者会合」報告書
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000129.html
 http://www.soumu.go.jp/main_content/000631472.pdf


本報告書は、教育現場へクラウドの導入を進めるために開催されていた有識者会合において取りまとめられた報告書です。


教育現場というタイトル及び内容にはなっていますが、クラウドの利用を進めたいが難しいという方々にも役立つ情報が、「クラウド活用のメリット:4つのSと3つの視点」や報告書後半の提言として記載されています。


4つのSとは、Savable(維持管理の負担やコストを抑えることができる)、Secure(データを安全・安心に保管・利用することができる)、Scalable(利用者数の増減に応じてシステム利用が柔軟にできる)、Seamless(家庭・学校・地域で切れ目なく利用できる)、というものです。3つの視点については報告書上は教育現場のことで記載されていますが、自分たちの組織に置き換え解釈を変えて理解することもできると思われます。


クラウド導入においては、こうしたメリットが活かされる形で進めることが大事であるとされています。


なお、本報告書は、その構成上、後半は国への提言という形式を取っています。クラウド導入を阻む要因が課題として6つ存在するという整理をし、その解決のために6つの提言を出しているという形式です。
このあたりも、一般の組織においても、どういう状況であれば導入が進められるのかという、制約条件や推進条件の整理に役立つものと思われます。


新たな技術の利用を推進することは、これまで普通に利用していたものを否定するものではないか、というような捉え方をされるケースが多くあります。
もちろん、そういうことになり得る側面はあるでしょうけれど、組織が継続して維持発展をしていくためには、利用できるものは積極的に利用するというような柔軟性が必要になる、ということを改めて理解しなければなりません。利用するメリット・デメリット、利用しないメリット・デメリット、それぞれを冷静に判断しなくてはなりませんが、変えなくてはならない時に躊躇せず変えられる勇気を持つことが大事です。
組織の維持発展のために、新しい取組みを推進していくとなった場合に、足かせとなる既存のルールや取組みをどう改善していけばよいか、一緒に考えさせていただくことができればと思う次第です。(吉)

 

メルマガ登録

皆様が情報セキュリティを考える際のヒントになるような情報をお届けしております。
ご興味ある方は以下よりご登録ください。

登録フォーム

ma.nttls.co.jpサイトへ移動します

CONTACT

お問い合わせ

東日本エリア

03-6435-3788

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

西日本エリア

06-6358-2969

【受付時間】9:00〜17:30
月〜金(祝祭日除く)

お問い合わせ

ma.nttls.co.jpサイトへ移動します

pagetop
Copyright NTT Learning Systems Corporation,All Right Reserved.