NTTLS 人材育成WEB

お問い合わせ

OurService

店舗内提案力・ツール活用強化研修
~セルフセリング型 少人数でも運営できる店づくり~

課題

店舗の販売力強化となると、とり分け「販売・応対力強化」「商品知識向上」などスタッフ育成に力を入れることが多いかと思います。しかし、店舗の現状をみますと、全国的な傾向のひとつにスタッフ不足があげられます。残念ながら、募集しても応募自体が少なく、十分な人数をフロアにまわせない現状があるのです。 そこでこのような環境下では『少人数でも運営できる店づくり』が求められるのです。

少人数でも運営が成り立つためには、スタッフの役割を担う代替施策が必要です。スタッフがお客さま応対をせずともお客さまご自身で必要な商品・サービスをチョイスできる店づくり、セルフセリング型の店づくりが必要となります。

概要・特徴

本プログラムでは、『ディスプレイはスタッフの代わりとしてつくり込む』という観点から、スタッフがお客さま応対をせずともお客さまご自身で必要な商品・サービスをチョイスできる考え方・仕組みをお伝え致します。また、促進担当を事前に決めることで店舗での継続的な施策定着を目指します。

<Point>
  • 継続的実施に向けて販促リーダー・ディスプレイ担当者としての役割を明確にします。
  • 少人数でも販売強化を図るショップ運営を進めるための店づくりの『いろは』を学びます。
  • 全国の事例紹介し改善・強化の具体的なイメージが掴んで頂きます。
プログラム例

※あくまで、サンプルプログラムです。
お客様状況・課題感によってプログラム設計を行います。

  1日目
AM
  • 販促リーダー/ディスプレイ担当の役割の理解
  • ゾーニングの意味とその役割の理解
  • 店外プロモーション手法の理解
PM
  • 店内プロモーション
  • POP作成のコツをつかむ
  • 景品表示法の理解
  • 自店の状態を振り返る
  • 今後へのアクションプラン作成

研修プログラム 一覧に戻る