コロナ禍による社会の激変に対応するため変革や挑戦が求められる中、上司・部下がリモートワークの遠隔状況では成果や価値を創出することに影響がでています。

当初、遠隔マネジメントは業務や労務の管理、いわゆる監視的意味合いのマネジメントが必要視されました。次に、在宅期間が長くなり部下のストレスが表出し始めると、1on1など定期性のあるミーティング方法が導入されました。

こういった管理・部下育成の段階を経て、今ようやく遠隔の中で価値創造を行うフェーズにきているといえます。

コミュニケーションが希薄になりがちな在宅の中でも部下が安心してチャレンジできるために、上司は「心理的安全性」を理解し導入する必要があります。それは達成すべき目標へ近づくためであり決してワガママを受け入れるものではありません。

また、部下も自分のアイデアを進める・上司に承認を得るためには正しく伝える必要があり、従来の口頭伝達からリモート・Web会議に適した「図解」伝達が重要となります。図解コミュニケーションを駆使することで伝達力が高まり、結果、生産性も高まる事に繋がります。

新たな事にチャレンジし、価値を創造する。事業変革に対応する。

そのために上司と部下がリモート下でも意見交換を活性させるため、基盤となる心理的安全性とは何か・どう行えば良いのかという点と、手段となる図解コミュニケーションの活用や口頭・テキストとの使い分けなど、2つの論点を事例を交えながら専門家をお招きしてパネルディスカッション形式にてお伝えします。

 

 

 

 

 

登壇者プロフィール



 

オンデマンド配信 ご視聴申込はこちら

人材育成WEB トップページへ