長引くコロナ渦で深みを増すVUCA時代において、社員に何を期待していますか?どんな人材になってほしいと思っていますか?

誰もが絶対的な“答え”を持ちえない、先が見通せないこの時代において今、ビジネスパーソンのあり方自体が問われ始めており、未来を自ら切り開いていける人材、すなわち、リーダーシップのある人材が強く求められていると感じます。

そこで本サービスでは、現代で求められるリーダーシップの人材像を「革新協働型人材」と定義し、社員個々が現在どれほどのリーダーシップ力を有しているかを、人事評価などにも活用される人材アセスメント手法を用いて、客観的に明らかにします。

どのような状況においても自ら方針を定め新たな価値を創造する姿勢をもち
その実現に向けて周囲と協働し組織を継続的に発展させることができる力

【主な行動例】

業務を模擬した演習(ビジネスシミュレーション)を通じて、社員個々が有する能力や傾向、啓発点の明確化することで、日々の業務の振り返りを促すとともに、社員の計画的かつ自発的な能力開発のスタートを支援します。

今回は、育みステップ1となる“セルフリーダーシップ力の向上”を支援する若手社員向けのサービスをリリースしました。

#ミレニアル世代 (20代前半~30代後半/メインは成人を2000年代に迎えた人たち)の育成
#入社1,2,3年目の若手社員推奨

ぜひご活用ください。

3つの学習ポイントが「革新協働型リーダーシップ」を育む

リアルな演習と丁寧なフィードバックで成長できる

プログラム概要

・昨今の育成動向について
・人材アセスメントとその有効性について
・サービスのご紹介(ツールの説明や動画視聴にて体感頂きます)

※「革新協働型リーダーシップ」の対象 ※
①セルフリーダーシップ ②チームリーダーシップ ③ビジネスリーダーシップと3段階あり、今回は①セルフリーダーシップを体感頂きます。新ツール「Nocite」の仕組みは同じなので、②③ご検討の方も参加可能な内容です。

 


人材育成WEB トップページへ